弁護士に任せて解決|交通事故後の後遺障害から離婚まで全てOK

男女

後遺障害の相談は専門家に

女性

交通事故は一瞬の気の緩みや不注意で引き起こしてしまいます。望んで交通事故を起こしたいとは思っている人はいないでしょう。交通事故が起こった場合は被害者も加害者も心身ともに相当なダメージを負うことになります。交通事故で人の命が亡くなってしまう事もあります。その場で命が助かったとしても後遺症として後から症状が起こってしまうことがあります。後遺症と後遺障害を同じ意味で捉えている人も少なくありませんが、明確には実際は違います。後遺症は急性期症状が治った後も残ってしまった機能障害や神経症状などの症状の事を意味します。一方、後遺障害は交通事故が原因で精神的、肉体的な怪我がこれからも回復せず、仕事が出来なくなったり、または仕事能力の低下が医学的に認められ、自賠法施行令の等級に該当することを言います。

交通事故後に後遺障害が残ってしまった場合、日常の生活を一般の人々ように普通に過ごすことは困難です。後遺障害で悩んでいる人は、事故を引き起こした相手に対して損害賠償の請求や慰謝料を請求する際に弁護士のサポートを受けると良いでしょう。弁護士事務所を選ぶ場合は交通事故を専門とした弁護士事務所を選びましょう。一般の弁護士事務所を選ぶのも良いのですが、交通事故問題を専門としている弁護士事務所は今までの実績やノウハウを活かして、後遺障害で悩んでいる人を全力でサポートしてくれます。料金や相談内容について疑問がある場合は、弁護士事務所などのサイトを参考にすると良いでしょう。サイトにはその事務所が行なってきた実績や在籍している弁護士の紹介をしていて安心です。見積もりも無料で行なってくれるので、不安に思っている人は事前に相談すると良いでしょう。